そのため、めっき厚が非常に大きく、悪条件下にてその効力を発揮します。

 風雨にさらされる屋外や塩害のある海辺などの、特に腐食しやすい厳しい条件下にある鉄製品に施します。

 溶融亜鉛めっきでは亜鉛層、合金層と鉄の表面を厚い膜で覆うため、
非常に高い防錆効果があります。
 条件によっては2,30年以上の防錆が可能です。

溶融亜鉛めっきとは

(イメージ写真)

 通称「どぶ漬けめっき」や「天ぷらめっき」と
よばれ、溶けた亜鉛の中に鉄製品を浸漬する
ことで防錆めっきを施すものです。

(イメージ写真)

めっき表面断面(イメージ)

 溶けた亜鉛の中に鉄を浸漬すると、亜鉛と鉄が合金反応を起こします。
 鉄の表面に鉄と亜鉛の合金層が形成され、さらにその上に亜鉛の層ができます。

 また亜鉛は鉄よりもイオン化傾向が高いため、鉄よりも早く酸化して
鉄の錆び(酸化)を防ぐ「犠牲防食」という効果もあります。

 そのため鉄の素地が露出している部分があっても、その周りの亜鉛が
優先的に酸化し、鉄を保護してくれます。

Copyright (c) 2010 tetsuhimaku.co.,Ltd. All rights reserved