アルカリ脱脂槽   1槽
設備・作業工程
 ガス炉溶融亜鉛釜   2500×800×900  1槽

作業工程

@ 受け入れ検査

溶解した亜鉛の中に浸漬することで鉄製品表面に亜鉛の被膜を形成します。

 亜鉛鍍金ヒューム集塵装置  1基
 排気洗浄塔(酸洗用)  1基
 ホイスト・トロリ 490k  5台
 ホイスト 250k  3台
 フォークリフト 2t  1台

製品の素地を露出させるために、製品表面に付着している油や塗装を除去します。

B 酸洗

製品の素地を露出するために、錆や酸化スケール等を除去します。

C めっき

D 検査・仕上げ

製品を冷却後、不めっきやタレ、溜りの有無を検査、ヤスリなどで仕上げ。
不良があれば補修または再めっきを行う。

その他の設備

製品の形状や素材が溶融亜鉛めっきに適しているか、めっきをするためにはどのような工程にするかなど、
その製品をめっきするための最適な方法を判断します。

Copylright(c)2010 tetsuhimaku.co.,Ltd.Allright reserved

 酸洗槽 (塩酸)  2槽

A 脱脂